助産師求人 > 助産師の求人数について

助産師の求人数について

すでに助産師として働いており、転職を考えている場合や、これから助産師として働きたい場合は、求人情報を自ら探していくことになります。しかし、現状としては、求人数が少ないだけではなく、なかなか希望に沿った雇用条件の求人を見つけることができないのではないでしょうか。

全く求人が無いわけではありませんが、そもそも助産師が活躍できる場は、まだそれほど多くはないことから、どうしても求人数が限られているのです。 とはいえ、他の医療関係の求人数と比較すると、求人数は安定していますし、案件自体が途切れるということはないといえます。

また、医療業界は人の出入りが激しいといわれており、それは助産師にも同じことがいえそうです。

以上のことから、希望通りの仕事を見つけるためには、ある程度の時間が必要ですし、どうしても譲ることができない条件以外は、ある程度妥協して仕事を探した方が良いといえます。

ただし、これはあくまでも自力で仕事を探した場合に限ります。助産師専門の求人情報を扱っているサービスを利用すれば、より選択肢を広げることができるでしょう。

最近は、様々な企業がサービスを提供しており、質の高い求人が多いことで有名です。なぜ、質の高い求人が多いのかといいますと、一般公開されていない非公開案件を扱っているからです。非公開案件とは、ハローワークなどでは出されていない、求人情報の事を指しています。

医療機関側としては、ある程度、求人サイト側でふるいに掛けてから、最終選考することができるというメリットや、他の医療機関に知られたくない求人案件を扱う時に便利というメリットなどがあるため、非公開案件は必然的に質の高い求人になっているのです。

このような案件は、自力で求人を探すことはできませんので、助産師の求人を専門的に扱っているサイトに登録し、使用しなければなりません。利用は無料ですし、実際に仕事が決まったら、就職祝いが貰えることもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。
東京都助産師会

助産師が独立開業をするためには

近年、出産に関する問題として叫ばれているのが「お産難民」と呼ばれる人たちの存在です。 これは、産婦人科や産科の閉院が原因で出産できる施設が減ってしまい、近くで出産をしたくてもそれができずに悩む人たちのことです。

中には自宅からかなり離れた場所にある病院でしか出産ができないような状態の人もいるほど、助産院の数が不足している状態となっています。

そこで、助産師の独立開業について知っておきましょう。 助産師になるためには先に看護師の資格を取得しておく必要があるのですが、看護師資格を持っているだけでは独立開業をすることはできません。

その理由として挙げられるのが、看護師のみでできることが非常に少ないからです。 看護師とは違い、助産師の場合は助産院を開業することができるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

ただ、実力をつけた助産師が全て独立開業という選択肢を取っているわけではなく、実際に開業をしている人は全体の3%と非常に少ない数字となっています。

やはり独立開業をするとなるとかなりの資金が必要になるだけでなく、エリアマーケティングを十分に考えてからの開業でなければ失敗してしまう可能性があるからです。

そもそも、助産院が減ってしまったために助産院が求められているわけですが、なぜ減ってしまったのかというと経営が立ちいかなくなってしまった助産院が多いからです。

助産院では緊急な事態が起きた時にすぐに対応することが難しいということもあり、安全性を考慮して病院での出産を希望する人が増えてきました。そのため、助産院の中には妊婦さんが集まらず、廃院という形を取ってしまったところがあるのも事実です。

近年はひとりひとりの妊娠や出産に対して寄り添ってサポートしてもらえる助産院での出産を希望する人が増えていますが、既に評判の良い助産院がいくつもあるような地域で新しく開業をするという場合には本当にその地域でやっていくことができるのかなどをよく考えなければなりません。

助産師の勤務体系について

看護師の勤務体系は調べればすぐにわかるのですが、助産師はどのような働き方をしているのかわからないかもしれません。

看護師の場合、病院などで触れ合うことも多いですよね。 ですが、助産師は主に妊婦さんとしか接しないため、妊娠をしていない女性や男性が接することはほとんどなく、仕事内容なども想像しにくいようです。

助産師がどのような勤務体系で働いているかというのは、どこで働くかによっても大きく変わってきます。 ですが、共通して言えることが、24時間体制での勤務になることが多いということです。

出産はいつ起こるかわからないものなので、それに対応できるような勤務体系が整えられています。 これは看護師の場合も同じですが、夜勤や当直が必要になる職場が多いと言えるでしょう。

もし、夜勤や当直がない職場で働きたいと思っているのであれば、転職活動をする際にその点を重視したうえで職場探しをする必要がでてきます。助産師が不足している病院が多いため、働き始めてから夜勤や当直ができないと断ったとしても認めてもらえないケースが多いからです。

助産師は専門的な仕事ではありますが、常勤だけでなくパートやアルバイトとして働いている人も多いので、常勤ではなかなか希望が通らないという場合、パートやアルバイトという働き方についても検討してみてはどうでしょうか。

それと、夜勤専従といった働き方も人気があります。やはり夜勤はしたくないと考える人もいるため、夜勤スタッフが不足してしまう施設での夜勤専従スタッフが求められているのです。

どのような雇用形態で働くかによっても勤務体系は大きく変わってくるので、希望がある場合は事前によく確認をしたうえで転職活動をしましょう。

基本的には、看護師と同じような勤務体系となります。 助産師になる前に看護師として長く勤めていた人の場合、助産師になってもそれほど勤務体系の変化に戸惑うようなことはないのではないでしょうか。