イメージ画像

准看護師から助産師を目指すことはできる?!

助産師になるためには、看護師資格が必ず必要となりますが、准看護師から助産師を目指す場合はどうしたら良いのでしょうか。 詳しく見ていくことにしましょう。まず、准看護師についてですが、一言で言うと、医師や看護師から指示を受けなければ、業務に携わることができない看護師のことを指します。
助産師外来とは?

一方、よく聞く正看護師であれば、医師の指示は仰ぐものの、現場を仕切ったり、可能な範囲で自己判断しながら看護の仕事に携わることができるんですね。

とはいえ、実際のところ、正看護師も准看護師も仕事の内容に大差はなく、一般の人から見ると、誰が正看護師なのか、准看護師なのかは全く分からないようになっています。

そんな准看護師ですが、助産師を目指すのであれば、いくつかのパターンがあります。 中でも、絶対に避けることが出来ないのは、看護師国家資格を取得するということです。ようするに、准看護師の資格だけでは、助産師になることはできないということになります。

では、准看護師から看護師になるにはどうしたらよいのでしょうか。これには、今までの進路が関係してきますが、よくあるパターンとしては、看護師の養成所に進学するというのが多いと言えます。

通信制で、働きながら学べる学校も多数ありますので、そう言ったところで数年間勉強し、看護師資格を取得したら、ようやく助産師の資格勉強が始まるというステップへと進めるわけです。

看護養成所へ入学して学ぶといっても2年や3年掛りますし、それから助産師の資格を目指すとなると、そこから更に時間が掛りますので、大変な思いをしながら資格取得を目指さなければなりませんが、それでも助産師を目指す人は後を絶ちません。

ようするに、魅力ややりがいがある仕事であるため、大変だと分かっていても助産師を目指す人がいるということですが、准看護師としてすでに現場で様々な経験をしていますので、看護師試験はそれほど難しくはないはずです。将来、助産師として活躍するためにも、是非目指してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ