イメージ画像

助産師の仕事で大変なこととは

助産師の仕事は、楽しいことばかりではありません。 助産師という仕事に夢を見て資格を取得したものの、どうしても続けられずに辞めてしまったという方もいます。

例えば、勤務時間が不規則であるということもこの職業の特徴だといえるでしょう。 赤ちゃんが生まれてくる時間というのは、はっきりと予想することができませんよね。

何日くらいに生まれそうかというのは、ある程度予想を立てることができます。ですが、生まれてくる時間までは分からないわけなので、いつ陣痛が始まっても良いように準備をしておく必要があります。

常に万全の体制でいるということは、それだけでストレスにも繋がってしまうものです。 大きな病院の場合は仮にお産が長引いてしまった場合に時間交代で次のスタッフと交換することができますが、責任感などの問題からその場を離れられない方もいるでしょう。

それに、人手が足りていない病院の場合、お産が始まってからはその場にいる全員で協力して分娩をサポートしなければ間に合わないこともあります。

そういった精神的なストレスや責任感から助産師の仕事に疲れを感じてしまう方も多いので、体調管理にも力を入れていかなければなりません。

また、助産師は赤ちゃんの誕生に関わる仕事でもありますが、喜ばしいことばかりとは限りませんよね。 不幸な結果になってしまった場合には妊婦さんやそのご家族をしっかり支えていくことも大切です。

中には不幸な結果に直面した際にそれを受け止められず、助産師という職業から離れてしまう方もいます。

それから、この職業が正しく理解されていないケースもあるようです。 助産師といえば、古くは産婆さんとも呼ばれ、多くの女性をサポートしてきた職業ではありますが、専門性の高い仕事であるということを理解してもらえず、医師ではなく助産師に担当されるのを不安に感じてしまう女性もいます。

このように、助産師の仕事は楽しいことばかりではありませんが、それでも非常にやりがいのある職業です。

このページの先頭へ