イメージ画像

助産師の仕事ってどんな魅力があるの?!

どのような仕事でも、必ず魅力がありますが、助産師の場合はどうなのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。 人によって、感じ方に違いがあるにしろ、多くの現役助産師が答える、助産師の魅力とは大きく分けると2つあります。

1つは、生命の誕生に立ち会えることです。正常分娩であれば、医師の指示が無くても助産師が取り上げることができるということもあり、非常に特殊な仕事として知られています。 そのため、毎回出産がある度に、貴重な体験ができるだけではなく、たくさんの人の感動する姿に出会うことが出来るのです。

このような、感動体験ができる職業は、そうそう多くはありませんので、助産師の仕事に魅力を感じる人が多いのかもしれません。

2つ目は、女性を総合的にサポートする仕事であり、独立すればいつまでも働くことができることから、非常にやりがいがあるため魅力を感じるというものです。 助産師の仕事は、妊婦のサポートや問診、助産、新生児のサポート、子育て相談だけではありません。

最近は、学校で講師として働きながら、子供達に性について学んでもらったり、避妊方法を解説したり、更年期障害で悩む女性をサポートするなど、活動の幅を広げている人が多いのです。つまり、女性を総合的にサポートする専門家が、助産師だといえます。

できるだけだくさんの助産師がいれば、その分、助産師を必要としている女性が非常に助かるといえますが、なかなかそうはいかないようです。 助産師は、資格を取得するまでが非常に大変ですし、やっと資格を取得したとしても、求人数が他の医療関係の職業と比較すると、非常に少ないことで知られています。

それでも、毎年多くの女性が助産師になることを目指すのは、それだけ魅力がある仕事だからだといえるでしょう。 近年、自宅で出産したい女性が増えてきており、ますます助産師が活躍できる場が増えていくと予想されていますが、急激に変わっていくというわけではなさそうです。

しかし、いつまでの助産師という仕事の魅力が失われることはないといえます。今後も、助産師の仕事に魅力を感じて、たくさんの助産師が誕生することが期待されます。

このページの先頭へ